リンク

最終更新日: 2015年5月11日  

物性グループ・物性委員会
からの緊急アピール

電子ジャーナルへのアクセス環境の整備に関する緊急アピール
【緊急アピールの本文 Ver.2(PDF)】

2015年6月5日(金曜日)


日本物理学会誌6月号「話題」に
「電子ジャーナルの平等アクセス実現のための3つの提言」
が掲載されました。

出典:石田武和、日本物理学会誌、第70巻6号、pp. 450-453 (2015).
【日本物理学会から掲載許諾を得た記事(PDF)】

2015年3月26日(木曜日)


毎日新聞3月26日(木)に
「年々高騰する電子ジャーナルの価格 大学財政と研究を圧迫」
が掲載されました。

【毎日新聞から掲載許諾を得た記事(PDF)】

2015年2月24日(火曜日)


日本物理学会のWEBサイトに
「物性グループ・物性委員会からの緊急アピールのお知らせ」
が掲載されました。

http://www.jps.or.jp/information/2015/02/post-39.html

2015年1月18日(日曜日)

読売新聞1月18日(日)に
“電子学術購読の財政措置要求 国内物理学者ら”
が掲載され、“物性グループの緊急アピールとコメント”が紹介されました。

2015年1月7日(水曜日)

沖縄タイムス1月7日(水)に
“電子版科学誌が高騰/研究者 対策を求め声明”
が掲載され、“物性グループの緊急アピールとコメント”が紹介されました。

【沖縄タイムスと共同通信社から掲載許諾を得た記事(PDF)】

2015年1月1日(木曜日)

JSTの情報管理誌に
“緊急アピール:電子ジャーナルの問題解決のための「3つの提言」”
が出版されました。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/57/10/57_741/_pdf
http://dx.doi.org/10.1241/johokanri.57.741

2014年12月29日(月曜日)

四国新聞12月29日(月)に
”電子版科学誌が高騰で購入困難に 大学予算削減、円安”
が掲載され、“物性グループの緊急アピールと提言”が紹介されました。

 

2014年12月29日(月曜日)

山形新聞12月29日(月)に
“電子版高騰 購入困難に 科学系学術誌 論文増え編集費かさむ”
が掲載され、“物性グループの緊急アピールとコメント”が紹介されました。

【山形新聞社と共同通信社から掲載許諾を得た記事(PDF)】

2014年12月29日(月曜日)

琉球新報12月29日(月)に
”電子版科学誌が高騰/研究者 対策求め緊急声明”
が掲載され、“物性グループの緊急アピールとコメント”が紹介されました。

2014年12月5日(金曜日)

科学新聞12月5日(金)第3514号に 
"高騰を続ける学術電子ジャーナル「国家的規模の緊急事態」購読困難解消へ環境整備を、大学予算削減も追い打ち 物性グループが緊急アピール”が掲載されました。

【科学新聞から掲載許諾を得た記事(PDF)】

2014年12月1日(月曜日)

国立国会図書館のカレントアウェアネス・ポータルで
”物性物理学研究者の任意団体「物性グループ・物性委員会」が「電子ジャーナルへのアクセス環境の整備に関する緊急アピール」を発表”が取り上げられました。

カレントアウェネス・ポータル

2014年11月29日(土曜日)

毎日新聞11月29日(土)朝刊14版に
学術誌高騰、学者が緊急声明
が掲載されました。

【毎日新聞から掲載許諾を得た記事(PDF)】

2014年11月27日

物性グループ・物性委員会では、
「電子ジャーナルへのアクセス環境の整備に関する緊急アピール 」
を発表致しました。
【緊急アピールの概要と物性グループについて(PDF)】

【緊急アピールの本文 Ver.2(PDF)】

 

2014年11月27日

物性委員会では、賛同の輪が定量的に把握できるように、
緊急アピールに賛同とコメントを受け付けるメールアドレスを開設しました。
次のメール例文を参照して、サポートの短信を送付して下さい。

件名:YES
宛先:UrgentAppealForEjournals<at>ml.osakafu-u.ac.jp
本文: (氏名) 物性 太郎(ブッセイ タロウ)
    (所属;職名) 大学等機関名;職名
    (コメント) ・・・・・・(記入して頂ける場合はよろしくお願い致します)
    (連絡先) zzzzz<at>yyyyyy.ac.jp

現在のYESメールは 847 件です(2015年5月11日 12:00現在)

 

2014年11月19日 

この度、物性委員会では、平成26年11月27日(木)午後2時より、
一般社団法人 日本物理学会 会議室
(〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-22湯島アーバンビル4F)で、
「緊急アピール」 の記者説明会を開催させて頂くことになりました。
報道関係者の皆様は、是非お出で下さいますよう、ご案内申し上げます。

【緊急アピールのご案内(PDF)】

2014年9月7日

拡大物性委員会で、物性委員会として、電子ジャーナルの危機に関する
緊急アピールを出す方針が決定致しました。

2014年8月27日

物性グループ・物性委員会幹事会に起草ワーキンググループを開設しました。

【起草WG名簿】